富山県南砺市

地方創生推進課 よくある質問 富山県南砺市

担当課から探す



受付:2019/02/22 郵便・FAX
件名・相談内容
城端線の利用促進について
城端線の利用促進は南砺市にとっても喫緊の課題です。福野、福光、城端の3つの庁舎は駅からのアクセスも悪くなくないので、駅舎と庁舎を一体的に整備し、市職員が駅職員を兼任することで、経費削減ばかりでなく城端線の再起や南砺市の活性化にもつながると思います。鉄道事業者と連携し、今後の駅の個性的な活用策をお願いしたい。
ご返答内容
 JR城端線の利用促進について、ご提案をいただきありがとうございます。
 駅舎活用について、昨年、城端駅を市で大規模改修し、駅舎と南砺市観光協会の事務所を一体とすることで、駅舎で充実した観光案内を行う体制となっております。市役所庁舎は現在の分庁舎方式を2020年7月から統合し、建設年次が最も新しい福光庁舎を統合庁舎とすることが決まっており、新規に庁舎を建設する予定はございません。駅舎に近い庁舎への統合によって、市職員の通勤や庁舎へ訪れる市民のJR城端線利用が大幅に増加し、活性化につながるものと考えております。
相談分野
その他地方創生推進課に関すること
担当課
地方創生推進課
対応状況
ご意見ありがとうございました
性別・年齢
男性 / 不明
受付:2017/06/12 郵便・FAX
件名・相談内容
金沢福光間の路線バスについて、運転本数の見直しを
朝の通勤時間帯(上りのみ)は現行ダイヤでいいと思いますが、JRバスと南砺金沢線バスあわせると、運行本数10本あるのに、始発時間がほぼ同時刻のダイヤが何本かあります。本数を増加するのではなく、バランスよく発車してほしいです。
ご返答内容
 南砺金沢線バスとJRバス名金線は、どちらも福光駅と金沢駅に停車しますが、走行するルートが違うことから、それぞれ、お客様の目的地に合わせてご利用いただいております。今後も、運行時刻改正の際には公共交通全体のバランスを考え、お客様からのご意見を参考にしながら、JRとの接続等を考慮し、南砺金沢線バスがより使いやいバスとなるよう運行時刻を設定してまいります。
相談分野
その他地方創生推進課に関すること
担当課
地方創生推進課
対応状況
ご返答いたしました
性別・年齢
男性 / 60~69才
受付:2017/03/22 ホームページ
件名・相談内容
新高岡駅における城端線乗り継ぎについて
東京駅発かがやき539号との城端線砺波方面の接続が非常に悪いので、改善するようJR側と交渉して頂けないでしょうか。JR側にも乗降客増などメリットがあると思います。
ご返答内容
限られた城端線の便数の中で北陸新幹線の全ての便と適切な接続時間となるダイヤ設定とすることは難しい点もありますが、城端線と北陸新幹線の利便性向上のため、今後も引き続き、接続性を考慮した利便性の高い均衡あるダイヤ設定となるよう鉄道事業者へ要望していきます。
相談分野
その他地方創生推進課に関すること
担当課
地方創生推進課
対応状況
ご返答いたしました
性別・年齢
男性 / 50~59才
※ 相談者のプライバシー保護の為、公開する情報は、受付日・受付形態・性別・年齢・件名と対応状況のみとしております。件名についても、プライバシー保護の観点から非公開とする場合があります。